のんびり・ぽかぽか Tea Room ☆.。.:*・゚☆

いらっしゃいませ♡ 成人した息子が2人、長男は後期博士課程に在学中&非常勤職員としても奔走中。 次男は今春ようやく社会人としての一歩を踏み出しました。 この世に生を受けて半世紀と少し、家族との時間も大切にしながら、 自分の趣味や学びにも手間ひまをかけてみたいと思う今日このごろ…。 楽しいことをたくさん綴るのが目標です♪

July 2012

長男が生まれてから、私の仕事は 『母&主婦』 でした。

子育てと家事が自分の最大の仕事と心から信じ、

誇りを持って暮らしてきたつもりです。

ここ10年は、在宅でデスクワークもしていましたが、

それでも私の仕事は 『母&主婦』 だと思ってきました。

ただ、2人の息子が大学生になり、

『母』 としての仕事はめっきり減りました。

それぞれの道を、それぞれの責任で歩み始め、

家にいる時間も短くなりました。

私が自由に使える時間が増えるとともに、

これでいいのかしら…? とずっと考えてきたような気がします。

夫も息子たちも、とても頑張っているのに、

私だけが頑張っていないような気もしていました。

最近は、趣味のクロスステッチも

何となく手につかず…。

お友だちからのランチのお誘いにも、

乗り気になれず…。

私、遊んでばかりいていいのかな…?

長男は来春大学院に進学することが決まり、

次男も今後大学院に行きたいと言っています。

…ということは、まだまだ学費もかかるということ。

夫一人の肩に全てかけてしまうのは、何か違う…。




今月に入ってから、パートの仕事を探していました。

アラフィフで、取り立てて資格も特技も持たず、

外で働くのは20年ぶり。

悪条件のかたまりですねあせる

最初の電話1本をかけるのに、どれほどの勇気が要ったことでしょう。

ブログの更新をする気持ちの余裕もありませんでした。



そして今朝。

採用の連絡をいただきました。

電話を取るのに、手が震えるほど緊張したのは

初めてかもしれません。


早速来週から、お仕事に行って来ます。

私にとっての大きな一歩を踏み出せそうなことが、

一番嬉しいような気がします。


この報告を聞いた息子たち。

「そんないい条件の仕事、よく見つけたね~目」 ですって。

今、とってもイライラしています爆弾

それと言うのも…

隣家に 「お孫さま」 (左矢印あえてこう呼ぶ…)が遊びに来ているのですが、

これがもう、うるさいったらむかっ

昨日の夕方から、声が響き渡っています。

私の仕事机は寝室にあり、

隣家の浴室と接しているようです。

ちょうど住宅同士の接点になる場所なので、

隣家のリビングの声も筒抜けです。

ねっ!!

仕事…はかどりませんむっ



私、基本的には子ども好きなんです。

だから、日中騒がしいことにはかなり寛容なつもり。

そう、うるさいのは…母&祖母パンチ!

ドライヤーをかけながら、離れた場所で話さなくてもいいじゃないダウン

そんな大声出さなくても、聞こえるでしょ!?

近くに行って話そうよ…。

子どもを叱る声も、口調も、怖すぎる…。

「うっせーよ」 っていう言葉を子どもに向ける人って…。

(それは、叱ってるんじゃなくて怒ってるんだわ…)

私の心の中はモヤモヤし続けています。



まぁ、こんなですから 「お孫さま」 もヒステリックに泣き叫ぶし、

わがまま言い放題だし、とにかく声も大きいし。

まさに大合唱状態です。



もうずっと以前(うちの息子たちが小学生のころ)ですが、

この家は夜中の3時ごろに孫をお風呂に入れながら、

大騒ぎしていた実績ありなんですあせる

「ばぁば~!! 上がるよ~!!

「はぁ~い!!

「うわ~ん汗 いやだぁ~!!

前述したとおり、我が家の寝室近くにある浴室。

あの…夜中なんですけどむかっ

山の中の一軒家じゃないんですけどむかっ



これが3日ほど続いて、さすがに腹に据えかねた私は、

思いっきり低姿勢でお願いにあがりました。

お願いしたのは、夜中にお風呂で騒ぐのだけは

やめていただきたい…という一点だけ。

そこに返ってきた 「おばあちゃま」 のお言葉は…。

「子どもなんだから、騒ぐのは仕方ないでしょっドンッ」 でした。

「お宅にはわからないでしょうけど」 と言われたので、

「いえ、うちにも小学生の男の子が2人おりますので、

子どものいる生活はわかります」 と控えめに申し上げましたとさ。

「おばあちゃま」 は 「えっ…」 と絶句していました。

うふふ、うちに元気な盛りの男の子がいるってこと、

ご存じなかったのねぇ音譜

子どもがいたって、ご近所に迷惑をかけない生活、

できるんですよっ!!

その後も遊びに来るたびに深夜の入浴は続き…。

何度通報しようと思ったかしれません。



あらら、何だか回顧録になっちゃいました。

そんなわけで、隣家の孫ちゃんの声だけは我慢できない!!

って思ってしまう私…。

心が狭いのかなぁ…はてなマークと思いつつ、

坊主憎けりゃ、袈裟まで憎い…とつぶやいております。

早いところお帰りいただけないかしら。

このページのトップヘ