のんびり・ぽかぽか Tea Room ☆.。.:*・゚☆

いらっしゃいませ♡ 成人した息子が2人、長男は後期博士課程に在学中&非常勤職員としても奔走中。 次男は今春ようやく社会人としての一歩を踏み出しました。 この世に生を受けて半世紀と少し、家族との時間も大切にしながら、 自分の趣味や学びにも手間ひまをかけてみたいと思う今日このごろ…。 楽しいことをたくさん綴るのが目標です♪

カテゴリ: お気に入り

おせち料理のひとつである紅白なます。
我が家のレシピは、24年前の『きょうの料理』のテキストにある、
土井勝さんのものです。
次男がまだ1歳になったばかりの頃に購入したテキストなのですね。
刻んだ昆布を入れたり、柚子の皮を入れたりというアレンジは
していますけれど、合わせ酢の分量はずっと変わらず、
同じレシピを使い続けています。
160101-2
今年はまだ漬け込み中ですので、この写真は以前のものです。

  大根はマッチ棒より細く刻む
  にんじんは、それよりもっと細く刻む
と書いてあります
セ、センセー 無理です~
と、毎年笑いながら刻みます。
マッチ棒より太いサイズの大根、必ず混じります。
でも、無心で野菜を千切りにする時間、実は大好きです

マッチ棒って、今の子どもたちは知っているのかしら
いや、その親世代だってアヤシイのでは
などという話も、毎年のお約束。
たいていは、
  小学校の理科の実験でアルコールランプ使うはずだからさ
   そのときにマッチ使うと思うよ~
というどちらかの息子の言葉で締めくくられるのですけれど…。

『マッチ棒より細く』刻んだ後、
別々に塩もみした大根とにんじんをギュッと絞って、
まず少し濃い目に作った下漬け用の合わせ酢に漬けて4~5時間。
それをまたギュッと絞って、本漬け用の合わせ酢に漬けて…。
という手順は、かなり時間がかかります。
昆布だしもたっぷり使います。
下漬けの時点で、もうかなりおいしいのですよ
もうこれで完成でもおかしくないよねと思うくらい。
でも、一度絞って本漬けするとぐ~んとレベルアップします。
おぉ、やっぱりこの手順を省いてはいけないのね~と思います。

地味ですけれど、実は一番手間がかかっているかもしれません。
私が作るおせち料理の中で、一番人気と言っても過言ではないのは
その手間のおかげでしょうか。
今年は大根がとーっても高いですね
しかも小さくて…。
いつもの分量を作るためには、1本丸々必要でした。
おせち料理の紅白なますだけは、金時にんじんを使いますので、
普段よりも赤が鮮やかです。
これもまた美しいなぁと自画自賛。

先ほどつまんでみましたら、今年もおいしくできていました。
このまま置いておくと、さらにおいしくなりますね。
楽しみです



みんなのつまみ食いで、お正月までになくなりませんように

にほんブログ村 ハンドメイドブログ クロスステッチへ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
 いつも応援ありがとうございます 
 ポチッとしていただけると嬉しいです 



人気ブログランキング

大好きなお店が閉店してしまいました。
しばらく前から休業中だったことは知っていたのですけれど、
またすぐに再開してくださると信じて待っていたのです。
『どこかでごはん』という話になるたびに、
ホームページを覗いては、『あぁ、まだなのだなぁ』と思ったり。
でも…。
先月の終わりごろでしたでしょうか、ついに『閉店』の文字が…。

夫と2人で、何度訪れたでしょう。
お気に入りのワインにも出逢いました。
おいしいお料理に舌鼓を打ちました。
お料理のコツも教えていただいたり。
今年の春には、学生時代の友人たちと『女子会』も
させていただいて、いろいろとお気遣いいただいたのも
ついこの間のことのようです。

このお店のことを知るきっかけとなったブロ友さんと、
いつかここでオフ会ができたらいいなぁと、
密かに願っていました。
休業のことを知ってからは、なおさらそう思っていました。
再開したらぜひと。

本当に残念でなりません。
キッチンの中のすてきな笑顔と、心が温かくなるような
おいしいお料理とお酒、そしてそこで過ごす楽しい時間。
すてきなひとときを、ありがとうございました
でも、もっともっと訪ねて行きたかったです。
クリスマスの飾りも、見たかったです。

いつかどこかで、再会できたらいいな…
心からそう願っています。
どうか叶いますように…。


またお会いできる日を心待ちにしています

にほんブログ村 ハンドメイドブログ クロスステッチへ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
 いつも応援ありがとうございます 
 ポチッとしていただけると嬉しいです 



人気ブログランキング


昨夜は、近所のワインバーの◯周年イベントへおじゃましてきました
先週、たまたま店主にお会いした際に『よろしければ是非』と
声をかけていただいたのです。

16時から開けていますとのことでしたので、17時前に行ってみると、
すでになかなかの賑わい。
ワインやお料理がカウンターの上に並べてあって、
飲み放題&食べ放題の形にしてありました。

最初に少しお話しした方は、今までに2度ほどおひとりでいらしたそう。
でも昨日は奥様もご一緒でした。
『これからもちょくちょく来るためには、お店を見ておいてもらわないと…』
と笑いながらおっしゃっていて、お酒は飲めないという奥様は、
グラスにほんの1センチほどのワインでほろ酔いでした
にこにこしながら、カウンターの向こうから手を振って、
またね~と早めのお帰りでした。

次にお話ししたのは、次男よりひとつ年下の若いお兄さん。
大学卒業後、就職で関西から上京されて、おいしいお店を探して
見つけたのだとのこと。
立派な体格をしていた好青年は野球をしていたということで、
楽しいおしゃべりの時間を共有してくれました
用事があって同行できなかった次男も、出かける前にちょこっと顔を出し、
好青年と少し野球談義など…。
しばらくやっていなかった野球を再開したくなりましたなんて言いつつ、
次のお約束へと…

アルバイトのお嬢さんのご両親もお祝いにいらしていました。
大学4年生、就職も決まって来年の1月いっぱいでアルバイトは辞めて、
ご実家のある県へ帰られるそうです。
気働きもあって、いつも笑顔できびきびと気持ちよく働く姿が
かわいらしくもありましたので、残念…
ご両親が『このお店にいらっしゃる皆さんに育てていただきました』と
頭を下げられたのですけれど、遠くから娘さんのアルバイト先のお祝いに
駆けつけて、お客さんたちと言葉を交わされるようなご両親に
育てられたからこそなのだな…と思います。

店主とも乾杯し、おいしいワインとお料理を堪能し、
ついつい長居してしまいました。
初めてお会いした奥様も、しっかりサポートしていらっしゃるのだなぁと
感心してしまうようなすてきな方でした。
大きく宣伝していたイベントではなかったようですけれど、
とてもたくさんの方が次々と訪れて。
入口から声だけかけて行かれる方もいらしたり。
息子たちが帰宅した23時半前後は、立錐の余地もないほどの
混みようだったそうです。
次男は『入れそうだったら、ちょっとだけ寄って帰ろうかと思ったんだけど、
とてもとても無理な感じだった…』と残念そうでした。

商店街というには、あまりに小さく寂れた街なのです。
チェーン店ですら、いくつも撤退していきました。
その地でこんなにたくさんの人に愛されるワインバーがあって、
長く続いていること、本当に嬉しいです。
これからもずーっとここにあってほしいなと思います。

また近いうちに、ゆっくりおじゃましますね
彼女がアルバイトしているうちに行かなくちゃ。


夫も私もちょっと飲み過ぎました…ほろ酔い+++くらい?

にほんブログ村 ハンドメイドブログ クロスステッチへ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
 いつも応援ありがとうございます 
 ポチッとしていただけると嬉しいです 



人気ブログランキング



このページのトップヘ